国家資格マニアとはどんな人でしょうか?

国家資格マニアとは、仕事とは全く関係のない資格でも、興味のあるものを沢山取得するするような人の事を総称してそう呼んでいます。
国家資格マニアになったきっかけとして、「世間的に求められる存在になれる」、「自分自身の趣味を充実したい」といった動機が多いようです。
ほかに、将来の転職や会社での仕事のために、中長期スパンで物事を見て取得する人もいます。

こうした資格には、公的資格と民間資格がありますが、法的裏付けがなければ国家資格とは言えません。

独自に勉強して合格できるような易しい資格もありますが、大学や専門学校で長い期間をかけて学んで取得するような資格など、様々な難易度によっても違いがあります。

国家資格マニアと呼ばれる人の中には、「自分の能力を評価してほしい、社会に認めてほしいという気持ちからスタートしている」人もいますし、一方では、「法律系、金融系、不動産系などの資格を取得して、子育てが落ち着いたので子供たちの大学進学の学費のために、取得した国家資格を活かして社会復帰をする準備をしている」という人もいます。

また、需要のある資格を取得して就職を有利に進め、収入を増やして安定した生活を送ろうと考えている人も少なくありません。

資格を持っているということは勉強ができるということですし、資格をたくさん持っているのならいろいろなことに挑戦することができ、豊富な知識を持っているということでもあります。

その意味で、資格が直接業務に関係しなくても自己PRで役立つケースもあるため、勉強が苦にならないという表現としても使えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ