医療心理士と国家資格化の動きのある医療心理師(仮称)

国家資格化の動きのある医療心理師(仮称)と医療心理士は別の資格です。
後者は、一般社団法人日本心身医学会が認定している資格で、認定を受けるためには医療心理士試験を受ける必要があります。
試験を受験するには、まずは認定資格を満たしていなければいけません。

その認定資格を受けるには、大学または大学院で心理学を専攻し、その卒業証明書または終了証明書を提出する必要があります。
また、日本心身医学会コ・メディカルスタッフ認定制度委員会の審査で承認された人も受験資格を得る事が可能となります。

こちらの場合は、認定可能な単位の履修を証明することが出来る、単位取得証明書または成績証明書の提出が必要です。
大学などを卒業していない場合でも、研修診療施設で定められた期間、心身医学の研修を終えれば受験資格を与えられます。

この研修についても、学会の細かな規定が決められており、クライアントが安心して心理療法を受けられるよう、様々な鍛錬を積み重ねています。
一方、医療心理師(仮称)は、現在の段階ではまだ国家資格として認定されていないため、資格保有者は存在しません。

医療心理士の認定団体である日本心身医学会は、医療心理師国家資格制度推進協議会にも参加しています。

しかし、同じ心理職でもある臨床心理士側は別の推進協議会に参加しており、医療心理師側との活動領域、受験資格、業務遂行時の医師との関係などについては意見の違いがあり、今現在でも協議が進められています。

今後の動きによって、現役の心理カウンセラーやセラピストなどにも大きな影響があると思われ、注目していく必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ