ネットワーク初心者のための国家資格

将来IT系の企業に就職したいと考えている学生や、これからITの知識を身に付けたいと思っている初心者の方におすすめしたいのがITパスポート試験です。
ネットワーク系の国家試験である情報処理技術者試験の中のひとつで、ITの入門試験とも言われています。
今はパソコンやインターネットが使えることが当たり前の時代で、特に企業においてはIT専門の技術者だけでなく、社内の情報システムを活用できるスキルや、ITを安全に利用するための知識を持つ人材も重要視されつつあります。

すでに会社で働いている人がITの能力を高めたり、仕事の視野を広げる目的で受験をしたり、大学や専門学校などでは、就職後の会社で学生たちが戸惑わないよう受験を勧めている所も多いです。

試験の内容は、コンピュータの仕組などの情報技術に関する事や、経営、法務などの知識の中から出題されます。

範囲が幅広く、企業に勤めた経験のない学生にはとっつきにくいものもありますが、どれも基本的な内容が出題されるので、基本をしっかりと勉強すれば取得しやすい国家資格です。

受験資格の制限はなく、試験も各都道府県で随時実施されているため、比較的合格率が高いと言えます。

ITは専門用語が多く、基礎的な知識がないために上司や技術者が何を言っているのかわからなかったり、社外での打ち合わせなどで恥をかいてしまうことがありがちですが、ITパスポート資格を取得することによって知識の幅が広がり、毎日の仕事も円滑に進めることが出来るでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ