ファイナンシャルプランナーはどんな国家資格

ファイナンシャルプランナーとは、税金や保険や年金などに深い知識を持ち、個人の財産などをより安全に、より有利に運用するためのアドバイスができる職業で、略してFP(エフピー)と呼ばれます。
ファイナンシャルプランナーになるのに特に制約はなく、FPになるには国家資格が必要だと思っている人も多いですが、なくてもFPを名乗ることはできます。

しかし、ファイナンシャルプ・プランニング技能士は国家資格のため、名乗るには試験に合格する必要があります。
ファイナンシャル・プランニング技能士は、1級から3級まであります。

職業としては、銀行、証券会社、郵便局、生命保険会社、損害保険会社、不動産仲介、分譲会社に勤務する人と、自ら事務所をもって社会保険労務士、税理士、宅地建物取引主任として独立する人の2つに分かれます。

個人的な資産を、その人の夢や目標を叶えるために、現在の収入や資産状況を分析します。
そして、その個人の立場に立ち、長期的、総合的にアドバイスや資産計画をたて、実行を手助けするのが仕事です。

企業では、無料で個人の資産運用の相談に応じるサービスなどを行なっているところもあります。
ファイナンシャルプランナーは、顧客の資産を分析して、希望に合わせたファイナンシャルプランを考えてアドバイスをします。

ですから、特定の商品をすすめたり、自身に有利な特定のものをすすめたりすることをしてはいけません。
どんどん新しい金融商品が開発され、何をどう選べばよいのかわからない人にとっては、アドバイスをしてもらうことは理解する手助けになります。

多くの金融商品を研究して長所や短所を知り、メディアで経済評論家活動をしている人もいます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ