心理学を学ぶ時は国家資格の創設の可能性も考える

現代社会では、複雑な社会の仕組みや人間関係に巻き込まれて、心を病んでしまう人々が増えています。
このような人々の悩みを聞き、相談や助言をする職業が、心理職と言われるカウンセラーやセラピストなどです。
カウンセラーの多くは、大学や大学院で心理学やその分野に基づいた学問を学んだのちに現場で働いています。

日本では、心理職の分野に関して多数の民間資格が存在しますが、国家資格はまだ存在していません。
そのため、民間資格を取得する際、資格によって必要とされる専門知識の基準が曖昧なケースがあります。

しかし、カウンセリングや心理療法は、クライエントの極めて個人的な部分に触れることになり、その人の家庭環境や歩んできた人生、周りの人との関わりなど、心身の問題以外にも広範囲にわたり関わっていきます。

そのため、医師と同じ程度の責任感や道徳性が必要になると考えられるようになってきました。
医師の治療と違う点は、クライエントが自分の力で回復していくのを援助していく職業だということです。

一定の資質を備えた専門職としての立場から、クライエントにより安心な関わりができるようにするため、公益財団法人日本臨床心理士資格認定協会をはじめとする多くの団体が中心となって、心理職の国家資格を創設しようと協議を重ねています。

心理学はとても幅広い学問です。

私たちが身近に感じる疑問や問題などや、目に見えない心の働きや行動を観察し、質問やテストなどで検査をし、また対話をすることで、本人には意識できないものを感じ取ろうとしたりと、心理職には様々な方法や考え方があります。

これからカウンセラーを目指すために心理分野を勉強するなら、国家資格が創設されるかもしれないということを念頭に置きながら、大学の専攻も慎重に決定していきましょう。

受験をする前に、各大学の心理学科の特徴を知ることが大切です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ