簡単な国家資格で頼りになる社会人を目指す

安定した収入や、やりがいのある仕事との出会いのために、資格を取る事は良い方法です。
弁護士などの難しい資格を目指すのには少し勇気が必要ですが、まずは気軽に簡単な国家資格にチャレンジしてみるのも良いでしょう。
何を簡単な国家資格だと感じるかは一人ひとり違いますが、実に様々な国家資格の中から興味のある分野を見つけ出すことは不可能ではありません。
国家資格にはたくさんの種類があります。

合格率が低く将来高収入を期待できるものから、比較的安易に取得できるものまで多種多様で、自分がどのような分野に魅力を感じるか、希望の職種でどのような資格が必要かで、目指す資格を選定するのも一つの方法です。

例えば、調理や食べることが好きな人には管理栄養士や調理師などの資格があります。
どちらも食に関わる資格ですが、難易度は大幅に異なりますし、活躍の場も違います。

調理師は比較的取得が簡単で、管理栄養士はかなりハードルが高く、活躍する場も、調理師は実際に調理を行う現場に立つことが多いですが、管理栄養士は、調理をするというよりはクライアントやお客様のニーズに合わせた献立を組むことが主な仕事になります。

近年では、ダイエットの指南をするケースも存在します。
他にも、その職業に就くには必須の国家資格もあります。

一番わかり易い例を挙げると弁護士や医師で、これらは資格がないと業務を行うことができません。

こういった職種の場合は資格取得の難易度が高く、無資格で職務を遂行すると違法になります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ