WEBに興味がある人にお勧めの国家資格

「ウェブデザイン技能検定」という国家資格があります。
この資格を取るには、職業能力開発促進法による指定試験期間が実施するWEBデザインに関する試験に合格しなければなりません。
2007年3月30日に追加されたもので、パソコンや携帯端末でウェブサイトのデザインを行う知識と技能を検定するものです。

1級から3級まであり、資格取得者は、名刺やホームページなどで「ウェブデザイン技能士」という表示が可能になります。
その際の注意点は、「1級ウェブデザイン技能士」というように等級を明示しなくてはいけません。

また、ウェブデザイン技能士の資格がないのにウェブデザイン技能士と称することは法律で禁じられています。

試験内容は、インターネット概論、ワールドワイドウェブ(www)法務、ウェブデザイン技術、ウェブサイトの設計、構築、運用などで、試験は年4回、全国で開催していて、多くの人は3級からの受験になります。

高校専科、専修学校卒業など、WEBの勉強を協会が認めた学校等で受けた場合は2級が受験できます。
学科、実技の試験があり、両試験の合格、または一部の合格もあります。

一部の合格の場合は、2年以内にもう一部に合格しなければ無効になってしまいますので気を付けなければなりません。

このように、近年になって新たに追加された国家資格ということは、今後の世の中に必要とされる技術を評価するものと言えますので、WEB業界に進む方にとっては重要な国家試験です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ