キャリアアップや就職に有利になる等の理由から国家資格は人気

安定した年収やキャリアアップ、就職に有利になる等の理由から、いつの時代も人気の高い資格として国家資格があります。
超難関と言われているものから比較的取得し易い物まで色々あり、合格までの期間や勉強方法も様々です。
どんなものがあるのか紹介しますと、超難関と言われているものに司法試験があります。

裁判官や検察官、弁護士等になる為の国家資格で、法律を扱う専門職で実務に携わる者の総称を法曹と言いますが、この法曹になるには多くの難関を突破しなければいけません。

この試験は法務省主催で行われ、受験資格は法科大学院課程を修了した者、または司法試験の予備試験に合格した者が必須条件となっており、予備試験に合格しなければ受験も出来ないという所が超難関と言われている要因です。

試験は毎年5月に行われ、9月の上旬に合格者が発表されます。

今人気の宅地建物取引主任者は毎年20万人程が受験しており、合格率は15%~20%と比較的高く、年齢や学歴等の受験の制限が無く誰でも受験可能な点と、勉強次第では6ヵ月程で取得出来る点等から、取得し易い資格として知られています。

建設業や不動産を扱う会社、金融業においては、必ず1人は置かなくてはいけない資格者という事からもニーズが増えており、受験者数も毎年増えつつあります。

その他にも、司法書士や社会保険労務士、医療系では医師や薬剤師などの分野と様々ありますので、自分の力試しに1度挑戦してみてはいかかでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ