国家資格の難易度はどのくらい

経済も少しずつ上向きつつあり、求人数も増えている昨今ですが、就職活動に力を発揮するのは、やはり国家資格を持っている事も強みの1つとして挙げられるのではないでしょうか。
国家資格と言っても数多くあり、難易度にもかなり差が出て来ます。
難易度が最も高い資格として挙げられるのは、司法試験(弁護士)、公認会計士、弁理士、司法書士等があり、特に司法試験は、法科大学院を修了するか予備試験に合格しなければ受験さえ出来ませんから、最難関と言っても過言ではありません。

公認会計士も超難関資格の1つで、有資格者は高い評価を受けます。
特許に関する資格で、理系最難関資格と言われているのが弁理士で、合格率が5%となっています。

司法書士も司法試験受験者が流れてくる事を考えれば、司法試験と同様に非常に難関だとされていて、合格率も低い水準ですが、合格すればその後の収入に恵まれるなどメリットが大きいところが特徴です。

また、ここまでではありませんが、一般的に難関と言われている資格に医師国家試験があります。
その他には、行政書士や社会保険労務士、不動産鑑定士があり、難関ではありますが、独立しやすい資格として人気です。

一般的な難易度の資格としては、宅建主任者や基本情報技術者等があり、受験者数は年々増えています。

このように国家資格には、超難関と言われている資格から比較的難易度が低く、現在の仕事を更に充実させる為に役立つ資格まで様々あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ