日本での医療に関わる国家資格

日本の国家試験は、国または地方公共団体やそれらの委託を受けた団体が行っています。
国内には様々な国家資格がありますが、医療に関する資格は主に厚生労働省に関係しています。
厚生労働大臣や都道府県知事によって与えられる免許になり、医師や歯科医師、薬剤師、看護師、准看護師、保健師、助産師といった医療に携わる業務へ就くために必要な資格試験も多数見られます。

他にも、臨床検査技師や超音波検査師、血液検査技師、診療放射線技師、診療エックス線技師のように検査に関わるものなど、医療には様々な資格があり同時に受けなければならない試験も設けられているのです。

また、栄養士や管理栄養士、理学療法士、作業療法士、視能訓練士、臨床工学士、言語聴覚士、義肢装具士といったリハビリ指導の訓練士や、栄養指導の栄養士も国家試験を受験し資格獲得が必要になります。

加えて、歯科衛生士や歯科技工士、はり師やあん摩マッサージ指圧師、柔道整復師などの資格も国家試験に該当し、これらの資格は開業にも役立つ資格です。

また、病院や医療機関で働く仕事として女性に人気のある医療事務にも試験が設けられています。

医師や看護師のように専門の大学や専門学校に進学し勉強をして資格を取るようになりますが、事務の場合は通信教育などを利用して学んで試験を受けることも可能です。

資格の内容によっては学校に通わなければならないものと自分で勉強して受けられるものがありますので、興味のある資格についてチェックしておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ