国家資格の年収を紹介します

より高い収入を得る為に、国家資格を取得した方が良いと考える方は多いのではないでしょうか。
一般的に見ても、国家資格を持たなければ就くことが出来ない職業は年収も高くなる傾向にあります。
国が管轄しているため信頼度が高く、難関と言われている資格であればある程、自身で開業出来る点や大手企業に就職し易い点等から高収入に結び付きます。

収入の多い職業を見てみますと、やはり年収が多いのは弁護士と医師で、平均で1000万円を超える方々もいます。
医師では1200万円~1500万円が平均的ですが、開業医ですとこれよりも高収入と言われています。

800万円以上は、公認会計士や特許に関する仕事をする弁理士等が挙げられます。

社会保険労務士や税理士も収入が高い職業として知られ、全体的に見てみますと、法律系の職種は年収が高いと言え、中小企業診断士は平均で500万円~800万円となっています。

その一方で、難関の資格を持っていれば誰でも高い収入を得ているわけではなく、開業のタイミングや営業力が重要となる点が注意すべき所です。

医療系の職種の収入は、薬剤師や看護師、放射線技師などは400万円~850万円程となっており、老人福祉や介護の問題等が盛んに叫ばれている近年、福祉系の資格である介護福祉士や社会福祉士、ソーシャルワーカーなど、今後収入が高くなり得る職業として挙げられます。

年収などを鑑み、自身の取得したい資格を検討して挑戦するのも良いのではないでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ