講習を受けるだけで取得できる国家資格

国家資格は取得が難しいというイメージを持つ人が多いです。
実際に、大学や短期大学、専門学校などで専門的に勉強をしないと取得できないものもありますが、仕事をしながら勉強したい人や主婦の方のように通学が難しい人でも通信教育で取得できる資格も用意されています。
また、より簡単に取得できる資格としては、講習を受講するだけで取れる国家資格もあります。

甲種(乙種)防火管理者資格は、火災要因を排除し財産や生命を守る資格でオフィスに必ず1人は必要な資格です。
甲種は2日、乙種は1日の受講で簡単な試験を行いますが、点数が取れなくても全員合格になります。

食品衛生責任者資格は食品系の人気資格で、食中毒を未然に防いだり、食品関連の事務所で食品の安全を確保する資格です。
飲食店の経営や食品関連の製造や販売に関わる事業を行う事業所には、衛生の自主管理を目的として営業許可と共に必要となっています。

受講資格は、栄養士、食品衛生管理者、食鳥処理衛生管理者、調理師、製菓衛生士、船舶料理士の資格を既に有していれば講習を6時間受講するだけで全員合格します。

さらに、圧力容器取扱作業主任者は危険ブルを製造する工場などで需要が高まる資格で、取るとより幅広い活躍が期待されます。
2日間で簡単に取得可能で、試験も受講すればほぼ全員合格となり、18歳以上であれば誰でも受けられます。

他にも、四アルキル鉛等作業主任者、ガス溶接技能者、鉛作業主任者、酸素欠乏危険作業主任者、小規模ボイラー取扱者、特定化学物質等作業主任者なども講習を受けるだけで取れる国家資格です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ