国家資格である宅地建物取扱主任者が目指せるスクール

スキルアップを考える人は学校へ通って資格を取る人もいますが、実際には就職後にスキルアップを目指したり、子育て中の主婦がスキルを身に付けて仕事に復帰したいと考える人も多くいます。
また、就職活動中に職業訓練といった所で新たなスキルを身に付けようとする人もいます。
資格と一口で言っても沢山の種類があり、中でも国家資格は難関なものが設けられている一方で、一度取得すれば色々な場面で役に立つ資格も多くあります。

取るためにはもちろん勉強が必要となり、書店には参考書や問題集などが取り揃えられているので独学での勉強も可能ですし、最近は通信教育を上手に活用して、合格までのスケジュールを立てる人も増えています。

しかし、専門的知識が問われる難しい試験ですから、スクールへ通学して学ぶことが一番のお勧めです。
宅地建物取扱主任者という資格は国家資格になりますが、毎年約20万人の人が受験する人気のスキルです。

この講座を専門に開設しているのが大栄で、全国各地に教室があり、住宅に関わる重要な法令を習得できます。
オリジナルのテキストで必要な問題集も取り揃えていて、長年のノウハウを凝縮した教材は合格のポイントが分かりやすく盛り込んであります。

教室では、初心者コースから宅建本科講座、宅建答練講座を開設し、その人のレベルにあった授業を展開しており、また、模擬試験や個人の成績表もあるため自己分析に役立ちます。

さらに、全国100ヶ所以上に教室を構えるアビバでも、宅建の講座が設けられています。
しっかりと対策が取れる教材で、テキストだけで設問の88%がカバーできており効率良く学べます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ