国家資格の難易度の比較基準について

現在、日本国内では国家資格と呼ばれるものが1,200種類以上あり、法律に基づいて国や国から委託を受けた機関が実施する資格です。
有資格者になると国によって認定されることになり、これは業務独占資格や有資格者だけが名乗ることを認められる名称独占資格、設置業務資格などがあります。
こうした資格はその人のスキルや知識を国が客観的に証明してくれるとあって、自分のスキルアップを考える際に有利な資格としてチャレンジする人も多くいます。

しかし、民間の資格と比較すると難易度はかなり高いものが多くあります。

これらの比較基準となっているのは試験の際の出題範囲や奥深さ、問題の平均的なレベル、試験の際の出題形式、解答方式、受験資格、過去の受験倍率や合格率、試験に臨むために必要な学習時間などで、基準を数値化し資格ごとに合計値を求め総合評価をして、難易度のレベルをランク付けします。

また、資格の分野でも取得しやすいものや難しいものに分けられます。

法律や労務系の資格はほとんどが難関と言われており、公務員や行政系の資格は受験資格が大学卒や大学院卒といった条件が厳しいと言われています。

医療や福祉、介護系の分野では、やはり医師、歯科医師、薬剤師は厳しいとされています。

最近はITや情報系の資格も増えてきて、中には超が付くほど難関なものも含まれており、例えばITストラテジストやシステム監査技術者は最高位と言われる超難関資格です。

国家資格は民間資格と比較するとこのように難しいものが多いですが、挑戦する気持ちが大事ですからまずは受験資格を確認してからチャレンジしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:国家資格

このページの先頭へ