ライフスタイルに合わせて受講できるニチイの「歯科助手講座」

1971年、日本で初めて通学制医療事務講座を開講したニチイは、今まで60万人以上もの医療関連の修了者を輩出しています。
現在は通学のみならず、通信講座やwebカレッジで多種多様な講座を提供しており、その中で今やコンビニより多いと言われている歯科医院の顔として働ける「歯科助手」という資格に興味を持たれている女性は多いのではないでしょうか。
40年以上のノウハウと、全国約800以上の歯科医院で「歯科助手に求められるもの」をリサーチして出来上がったニチイの「歯科助手」講座には、「初級」「認定」「スペシャリスト」の3種類のコースがあります。

「初級コース」では、歯科医院で働くための基礎的な知識とスキルを、最短1カ月で学ぶことができます。

「資格コース」では、初級コースの内容に加えて、歯科医院の現場で即戦力となる会計業務を学習し、講座終了後に申請するだけで「歯科助手技能認定」の資格が得られます。

これは、標準受講期間が通信のみの場合は6カ月のコースです。

「スペシャリストコース」は、更に診察診療報酬の知識やスキルを証明する「メディカルクラーク」の資格取得も目指せ、二つの資格を得る事で就業の幅も可能性も大いに広がるでしょう。

標準受講期間は、通信のみの場合は8カ月です。

サポートも厚いニチイでは、質問回答システムはもちろんのこと、休学制度、振替制度、編入制度、無料延長制度などもあり、受講生の様々なニーズに応えられるようになっています。

自分のライフスタイルに合わせて3つのスタイルから受講できる点が、受講生にとって大きな魅力と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:ニチイ

このページの先頭へ