資格試験の効率的な勉強法について

資格試験の効率的な勉強法についてまとめました。
一つ目は傾向を知るということです。
時間が限られている中で広範囲な知識を得なければならないので、狭く深く勉強するよりも浅く広く勉強することが求められます。
その際に過去の出題問題や回答方式などを知っているのと知らないのでは大きな差が生まれます。

例えば過去数年間の問題を見れば出題者はどの様な知識を問うてきているのか、どの分野に点数のウエイトを置いてきているかが分かり必然的に時間をかけて勉強する分野が分かります。

また記述なのかマークシートなのかが分かればどの程度知識があれば良いかも判断しやすくなり、記述の際にはどの様な問いかけ方かが分かれば対策も打ちやすくなります。

故に過去の分析は、勉強に取り掛かる前に最低限行わなければならない作業になります。
二つ目は仲間を増やすことです。

大学受験と大きく違う点は、資格試験は合格者数が予め決まっていない資格が多いことです。
すなわち一定以上の点数が取れれば何人でも合格するのです。
従って情報を共有できる仲間は多いに越したことはありません。

入ってくる、もしくは自分が提供する情報の正誤はともかく、情報は自分で取捨選択すれば良い訳ですし、何よりもモチベーションの維持は一人では難しく、励まし合える仲間がいれば根気よく勉強を続けることができるでしょう。

最後に継続するための自分なりのルールを作ることです。
途中で挫折しないためにも、一日最低何時間は勉強するという自分のルールは設けるべきです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ