資格免許があれば仕事の幅広がります。

有用な資格や免許があれば、できる仕事が増えて就職などにとても有利になります。
やはりそういうものがあると雇う側も最低限これだけの仕事ができる、雇ってから、学ばせる時間や費用を短縮できると判断できますし、勤勉さも感じられます。

そしてどんな仕事ができるというアピールがしやすくなります。
しかし、入社や学校にはいるためには資格などのネームバリューはとても重要でしたが、いざ働くとなると、その中身が問われる事になります。

勉強する過程で学んだこと、学んだ事を応用してどう会社で活かすかが会社では重要になっており、また評価の対象になってきます。
持っているものを十分に活かしきれなくては評価は下がっていきますし、持っている分期待されますから、もし全然活かしきれてないと判断されれば、評価は資格を持っていない人よりも下がることも考えられます。

宝の持ち腐れにならないよう努力して手に入れたものは、ずっと磨いていくべきです。
特に更新する資格を所持しているのであれば、失効しないよう気をつけなくてはいけません。

また今持っているものに満足して胡坐をかいていれば、いずれ若い人で同じ資格を持った人に追いぬかれてしまうでしょう。
それに日々技術や要求されることが変化し、そのままでは対応できなくなってしまいかねません。

ですので、現状に満足せず日々勉強する事で自分を高めていく必要があります。
その過程で新しく資格や免許を取っていくことも検討しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ