資格取得を検討する際に注意するべきこと

資格取得を検討する際に注意するべきことについてまとめました。
1つ目は目標とする資格に対して合格するための勉強時間を割けるかどうかです。
学生であれば問題ありませんが、社会人として企業で働いている場合は大きな問題となるでしょう。
例えば働きながら弁護士資格の取得を目指しても壁は大きく、多くの勉強時間が必要となり両立できるかどうかよく検討するべきです。

第2にコスト面です。
こちらは逆に学生の場合親の支援が受けられるか、費用を自分で工面できるかが焦点となります。
親の経済状態にもよりますが、例えば大学費用を負担してもらいなおかつ資格を取得するための予備校の費用などを捻出できる親は限られています。

また自分でアルバイトをしてお金を貯めるにしても、長期的な計画を組んでおかないと大学4年間では間に合わなくなるかもしれません。
その様なことをトータルで考えて、勉強方法も自分で参考書を購入して独学するなど工夫が必要です。

3つ目に将来役に立つ資格かどうかです。
資格は仕事によっては所持しているだけで手当が出たり、資格が無いと出来ない仕事など様々です。

しかし将来を考えた際、仕事の役に立つものでなければ無駄にコストを掛けているだけの自己満足となってしまいます。
その資格が関わる仕事が本当にしたい仕事なのかよく検討が必要です。

最後に受験資格です。
自分が採りたい資格の要件を満たしているかどうかです。
中には実務経験や専門教育を受けることが要件になっている資格もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ