ITの唯一の国家資格である情報処理技術者試験

情報技術の国家資格と言えば情報処理技術者試験です。
日本の資格の中では歴史も古く、何度かの改定を経て現在に至ります。
国内の企業では資格手当が出ることも多く受験者は多いです。
ここでは、その情報処理技術者試験について簡単にご説明します。

情報処理技術者試験は全部で12種類あり、レベルによって4段階に分けられています。
とは言え、レベル1から3までは1種類ずつで、レベル4が各専門分野を深く問う形で9種類用意されています。
まずレベル1はITパスポートです。

情報処理技術者試験の中で唯一、この資格のみ対象がシステム利用者となっています。
企業の中で、利用者として潤滑なコミュニケーションを取るための基礎知識を問います。

そしてレベル2の基本情報技術者試験、レベル3の応用情報技術者試験。
これらは出題範囲はほぼ同じで基本的には問われるレベルが違うのみです。

レベルはそれほど高くないものの、出題範囲は上位試験より広く、勉強に時間のかかる資格です。
最後にレベル4の資格群、高度資格と呼ばれますが、この中でも2グループに分けることができます。

まず、情報セキュリティ、ネットワーク、エンベデッドシステム、データベースの四種のスペシャリスト資格です。
対象が現役のエンジニアと言うこともあり、かなり深く、時には現場での実際の立ち回りさえ問われる問題も出る試験です。
そして残りは、ITサービスマネージャ、システムアーキテクト、プロジェクトマネージャ、ITストラテジスト、システム監査技術者の5つです。

これらの特徴は何と言っても午後2試験で小論文を書かねばならない点です。
難易度は高く、特に最後3つは現状日本での資格の最高峰の一つと位置付けられています。

これらは概念をきちんと理解しているか深く問う物が多く、知識の見直しには最適です。
是非合格目指して頑張ってみてください。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ