社会福祉士の資格を取るには通信講座を利用するのが便利

福祉の資格の中でも最も難易度が高いとされるのが社会福祉士です。
福祉の仕事をしている人の中には、自らのキャリアアップのためにこの資格を取得しようという人も多くいるはずです。
しかし、これは誰でも試験を受けて取得できるものではなく、まずは受験資格を得てそこで初めて試験を受ける権利を得られます。

それを得るための方法には、大学や専門学校で所定のカリキュラムを修了する、通信講座などのカリキュラムを修了する、といった方法があります。
カリキュラムの内容は、最終学歴や実務経験の有無によって変化します。

実務経験がない、もしくは少ない人はカリキュラムの中に数週間の施設での実習が設けられているので、事前に職場の理解を得ておく必要があります。

時間と資金に余裕がある人は大学や専門学校に通って学ぶのもありですが、働きながらの取得を目指す人は通信講座などを利用するのが現実的です。

通信講座は基本的には送付されてきたテキストを基に自宅で学習する形となります。
比較的時間を自由に使うことは可能ですが、定期的にレポート課題があり期限までにテキストを終えていないとレポートを書くのは難しくなるので、計画的に学習を進めていくことが大切です。

自宅学習やレポート提出で賄えない内容は、面接形式の授業で補います。
これは通常週末など休日に実施されるので働きながら取るという人も困らないようになっています。
カリキュラムを終えると試験を受けられるようになります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ