関わる業種によって取得する事務系の資格も変わります

事務の資格と一口に言ってもその種類は豊富です。
そもそも、事務の仕事自体が経理に関係するものや情報入力に関係するものなど多種多様に存在します。
大きい会社であれば、会計課や総務課など個々に分かれている場合もあり仕事内容は課によって違います。

そのため、多くの種類が存在するので何を取ればよいか迷う場合もあるでしょう。
まずは、自分がどのような職種に就きたいのかを考え、そのためには何が必要かを考える事が重要になります。

パソコンが得意な人、計算が得意な人、人それぞれ様々に存在するでしょうが、それを証明するものが無ければ意味がありません。
しかし、これだけは押さえておきたいというべき資格というのも存在します。

それは、ExcelやWordといった技能を証明するマイクロソフト社が主催するMOSというものです。
事務の仕事においてパソコン作業は今や欠かすことができません。

パソコンが使えて当たり前という時代の中、企業によってはMOSは取得が前提という会社もあります。
それ故、基礎の技能が身に付いている証明となるMOSは取得しておくと有利性や就職の幅が広がりますし、実際に仕事していく上で役立つので身につけていて損はないのです。

これをふまえた上で、会計では簿記検定や電卓技能検定など業種によって求められているものを取得すると有利になってきます。
このように、自分が関わる業務において企業が何を求めているのかを考えて資格を取得していくと何かと有利になることが多いです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ