人気資格のランキングで常に上位にきているのは医療事務、行政書士です

人気資格のランキングで常に上位にきているのは医療事務、行政書士です。
医療事務は手軽にとれて、女性なら医療事務としてステータスの高い職業に就きやすくなるからです。
行政書士も年齢要件もなく、誰でも手軽に受けられる試験だから受ける人が多いのです。
そのほかに法律系統の宅地建物取引主任者などは行政書士よりも難易度が低く、合格しやすい資格ですし不動産業では必須のものです。

そのほかに人気があるものといえば簿記2級講座などです。
現在人が足りないとされる、介護福祉士やケアマネジャーは少し順位が下がっています。

これは介護福祉は介護現場での実務経験が3年以上という要件と実技試験があるので、通信講座にはなじまないかもしれません。
ケアマネジャーは実務経験5年で合格率難易度も中程度なので人に教わるより、自分で問題集を買って勉強したほうがよいという人が多いことも理由でしょう。

その点、行政書士は昔から通信講座にはなじみがあります。
また、通信講座という形態をとった方が良いかもしれません。

それは行政書士を受ける方は30代が一番多く、何か大きな資格を取ってみたいと会社に勤めながら勉強する人が多いからです。
時間が自由に作れる通信講座は通いの講座より魅力的だといえます。

このように通信講座でもそのものに人気があるというより通信講座になじむかどうかも人気の秘密になっています。
人気の上位に入っているものはそのような理由からです。
講座は自分が受験するのにより良い形態をとる方が合格への近道です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ