保育士について。国家資格の1つです。

保育士は国家資格の1つです。
現在は保育士を取得し登録をすることで保育従事者として働けます。
さらに市町村の保育園は公務員と同じで、公務員試験に合格した者が働けるのです。
市町村が経営する保育園は臨時保育従事者や、短時間保育従事者を募集していることが多いです。

臨時や短時間の場合は資格を持っていれば面接で仕事が決まるケースも見られます。
資格を持っていれば長く働くことが可能です。

保育従事者と聞くと女性ばかりのイメージもありますが、体力仕事で重いものを運ぶこともあるため男性の保育従事者の受け入れも広がりつつあります。

私立の保育園はハローワークに求人を出している所が多いようです。
こちらは公務員試験の合格は関係なく保育園独自の面接や就職試験で決まります。

私立の保育園も臨時職員や短時間勤務の募集をしています。
保育従事者の仕事は子どもと遊ぶ楽しい仕事と見られがちかもしれません。

しかし体力勝負の仕事の上、子どもの心身の発達の手助けをする非常に繊細な仕事です。
子ども同士のトラブルは数多くありますが、これは子どもが成長するなかで必要なぶつかり合いです。

トラブルが始まって阻止してしまうのではなく、まわりの状況や子どもたちの行動を見ながら判断する力が必要になります。
時にはけがに繋がる場合は直ちに止めさせることも重要で、その判断を瞬時に行うことも時には必要な仕事です。
子どもたちと日頃から信頼関係を深くし、お互いに成長し合える素敵な仕事の1つです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ