マッサージ師は整体師とは異なり、専門の養成施設で3年間の過程を履修する必要がある国家資格です

マッサージ師とは、正式名称で言うと、あん摩マッサージ指圧師といい、国家試験に合格した人に与えられる国家資格です。
ともすれば、最近では治療というと整体師をイメージする方も多いと思われますが、正式には違います。
今回はあん摩師と整体師の違いについてと、その仕事内容についていくつがご紹介します。

高齢社会となり、体のあちこちに障害や痛み、変形などを抱えている人は少なくありません。
特に腰痛などは国民病とも言ってよいほど、その痛みに悩まされている人は多く、治療を受けている人も多くいます。

あん摩師は、そういった症状のある人の治療を目的とした指圧などを行いますが、整体師は国家資格でもなく、資格がなくても開業できるため、その内容はリラクゼーションなどを目的としたものです。

あん摩師は独立開業できることはもちろんのこと、様々な施設で働けます。
例えば、鍼灸治療院や鍼灸整骨院、そのほか訪問による治療などもできます。
そのほか、美容業界でも就職できることもあり、その仕事の場はたくさんあります。

また病院や診療所の整形外科、理学療法科やリハビリテーション科に所属することもできたり、病院併設の老人保健施設や特別養護老人ホームなどの高齢者介護施設も働く現場となります。

マッサージ師になるには、専門の養成施設で3年間の過程を履修する必要があり、誰でも簡単に取れるわけではありませんが、高齢社会の今、求められている人材の一つであることは間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ