パソコン資格は的を絞って取得せよ

パソコンの資格と一言で言っても、現在、非常に多くの種類があります。
国家・民間を問わず、文章制作や表計算、プログラミング、WEBデザインなど数多くあるのでどれを取って良いか迷う方も多いでしょう。
しかし、これらを闇雲に取っても意味がありません。

自分が将来的に何をしたいのか、どんな職業・職種に就きたいのかという事をふまえた上で、何が必要かを絞り込む必要があります。
たとえば、事務系の場合は、マイクロソフト社が主催するMOSを取ると良いでしょう。

今やパソコンは仕事上必要なアイテムとなっていますが、得に事務系の場合は文書制作や入力などで必ずパソコンを使用するものとなっていますので、WordやExcelの基礎知識をおさえているMOSは有る一定レベルの技能の証明にもなりますし、仕事をする上でも十分に役立つ知識を取得過程で実践的に学ぶため、取って損はないでしょう。

逆にプログラミングやSEの場合は、基礎情報技術者は必須と言って過言ではありません。
これは、多くの企業で新入社員に受験を薦められているためです。

また、企業によっては基礎情報技術者合格者には資格手当がもらえる場合もあり、収入アップに繋がる可能性も秘めています。
このように、将来的にしたい仕事によって取るべき物が変わってきます。

また、これを取得するために少なからず自分の大切な時間を費やして合格しますので、自信がつきますしさらなる学習意欲に繋がります。
資格を取るか取らないかは最終的に個人の意志しだいですが、決してその過程は無駄ではないのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ