進学するとき司書資格修得だけを目標にするのは注意が必要。

司書の資格をとる方法は大まかに分けて3つあります。
まず短大や大学で資格を得るための単位を履修する方法。
2つ目は大学・短大を卒業した後に司書講習をうける方法。
3つ目は司書補(司書に次ぐ資格)を3年以上経験し、司書講習を経て司書になる方法です。

将来司書になりたいと思っている高校生にとって一番スタンダードな方法は司書資格向けのカリキュラムを組んでいる大学、短大への入学でしょう。

必要な単位を履修すれば資格が与えられます。
司書資格をとれる大学、短大はいくつもありますので、大学のパンフレットやホームページを調べてみましょう。

この方法は今から進路を選ぶ学生にとっては分かりやすく感じられるはずです。
さらに司書資格を得るためのカリキュラムは弁護士や医師、薬剤師の免許と違ってそれほど負担になるものではありません。

しかし、司書の資格を得たとしても司書の資格を生かすのは難しい世の中です。
カリキュラムがやさしいということは司書の資格を持った人が日本にたくさんいるということと同じなのです。

自治体の運営する各図書館には司書がいますが、多くの自治体は司書を司書枠で採用せず一般の公務員として採用します。
つまり、司書の資格を持っていたからといって必ず図書館で働けるわけではないのです。

また、公務員の採用試験に合格する必要もあります。
したがって大学在学中には司書の資格を取る以外に公務員試験を受ける準備も進めておくべきです。
進学する際は資格修得だけを目標にせず、その資格の生かし方も考えておきましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ