MOSの資格を取得するメリットについて

MOSとはMicrosoft Office Specialistの略で、マイクロソフト社が実施する資格試験のことです。
この試験には、頻繁に使用するWordやExcel、そして職種によって必須なPowerPointやAccess、メールなどを活用する方は使用するOutlookの試験科目があり一科目から受験が可能です。
また、ExcelとWordには、スペシャリスト(一般)とエキスパート(上級)の二種類が存在します。

スペシャリストの場合は主に基礎知識が理解している方、エキスパートの場合は高度な技能が身に付いている方というレベル分けとなっています。

では、どのようなメリットが存在するか具体的に見ていきます。
MOSのメリットの一つに技能を客観的に証明できるという点があります。

これを持っていると一言いうだけで、自分のレベルを証明することができます。
次に、一般企業の人事であれば知らない人はいないほど、認知度が高いものだということです。

資格は相手が認知しているからこそアピールできるものであるのです。
しかもMOSは世界共通のため、世界に通用するのもメリットの一つです。

また、取得するためには基礎知識を網羅する必要があるため、取得のための勉強が基礎を身につけるために非常に役に立つという点がメリットです。
Officeを使用している時、以前は知らなかった機能さえ身につけている為、作業効率が上がるなど副次的にも役に立つのです。

現在、仕事においてOfficeの使用は、パソコンを利用する仕事であれば避けられない現状がありますので、取得すれば無駄なく将来にわたって役立つ資格と言って良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ