FP資格は人気があり、実務でも役に立ちます

世の中には様々な資格がありますが、その中でも人気があるものにファイナンシャルプランニング技能士(FP技能士)があります。
ファイナンシャルプランニング技能士とは、個人やのライフプランの作成や資金計画、住宅取得計画、税金、株式、保険、証券、不動産などの資産運用をアドバイスする職業のことで、3級、2級、1級に分かれます。

3級や2級なら、学生は勿論サラリーマンでもきちんと勉強すれば比較的に容易に取得することができるという点が人気の理由の一つです。

独学で勉強しても1日2時間程度の学習時間で3か月から6か月と比較的短時間で合格でき、教材も書店で購入できる参考書や問題集で対応できるので、学習費用も比較的安価で済みます。

学習内容も、社会常識として覚えておくと非常に役立つものが多く、株取引や保険契約、不動産契約などの際にその知識が重宝します。

特に2級は、銀行や保険、証券や不動産に従事する者にとっては実務上必要な知識を多数習得できるのに加えて、この資格を持っていると顧客の信頼度もアップするので仕事に有利に働きます。

以上の点から、就職活動や転職活動の際にも有利と言われており、学生やサラリーマンに加えて、子育てを終えた主婦が家事の合間に勉強し再就職を目指すために取得するという話も多く聞かれます。
実際に受験者も年齢・性別・職業など幅広い層に及んでいます。

このように、比較的取得しやすく且つ実務で役に立ち就職にも有利なので、ファイナンシャルプランニング技能士は現在とても人気のある資格となっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ