薬剤師は、薬学部6年間の教育を受けて国家試験に合格すると、取得できます

薬剤師は、病院の他に調剤薬局や一般薬局、また麻薬取締官や化粧品会社などでも働く事の出来る、幅の広い資格であるといえます。
また、この資格を持っていれば、アルバイトなどでも時給が2000円と高額な基準で働く事が出来、現在のような不景気な世の中であっても需要のある職業ということで、薬剤師という職業は一般人からみると憧れの的でもあります。

そんな薬剤師という職業に就くには、いったいどのようにすれば良いのか簡単にまとめてみました。
まず、この職業に就くためには、年に一回だけ行われる国家試験に合格しなければなりません。

そして、この国家試験を受験するためには、一般的に薬学部6年間の教育を受けていなければならないのです。
つまり、薬学部を卒業しない事には試験に挑戦することさえ出来ません。

現在の日本には薬学部は数多くあり、国立の大学にも私立の大学にも薬学部はあります。
けれども、この薬学部というものは卒業するまでが難しい学部であるとも言われています。

一般に日本の大学は入学してしまえばあとは簡単といったイメージが強くあるのですが、薬学部はそのようなイメージとは最も縁の遠い学部であると言っても過言ではないでしょう。

薬に関する知識や、化学や物理、数学や倫理や病理学といったことを完璧に学ばないと、薬学部を卒業することすら出来ないのです。
そのような困難をくぐり抜けると晴れて国家試験を受験する資格を得られ、さらに国家試験に合格すると憧れの職業に就くことが出来るのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ