年配者に人気がある資格の種類

様々な種類の資格がありますが、現在、40代からの年配の方々に人気があるのが、管理業務主任者という資格です。
管理業務主任者とは、マンション管理会社に勤務し、マンションの全般的な運営業務を管理組合から委託されて代行する人です。

マンション管理受託契約についての重要事項の説明をすることから始まり、契約が結ばれた後は日々のマンション管理業務の状況をチェックして管理組合に報告するなどの仕事をします。

現在、マンションは急激に増加傾向にありますが同時に様々なトラブルも付き物です。

例えば、マンションでのペットの飼育や騒音など生活に関するトラブルを中心に、管理組合の運営から話し合いまで、管理委託契約や売買契約に起因するものなどのクレームやトラブルが発生した場合にも、管理業務主任者が対処したり、未然に防止したり、マンション内の良好な居住環境の確保を図ることが求められます。

その他、宅地建物取引主任者という種類の資格も40代からの世代に注目されています。
宅地建物取引主任者は、不動産の売買や貸借時に、物件について事前に伝えなければならない重要な事項を客側に説明する専門家です。

例えば、不動産取引では高額な金銭が動きますが、クレームやトラブルを回避するために、契約の前に必ずその物件に関する情報である物件の住所(所在地)や売主、建物の用途、電気設備の状態などの情報を客側にしっかり説明する必要があり、重要事項を記した書面を作成するのが宅地建物取引主任者の業務内容になっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ