経営コンサルタントとして役立つ資格

経営コンサルタントは、企業を様々な面からサポートする職業です。
売上を向上させることや法務や経理の相談、人事管理のシステム構築など、その業務内容は多岐にわたっています。
経営コンサルタントを名乗るために必要な資格は特にあるわけではありませんが、様々な経験を活かしてコンサルタント業務をすることはできます。

ただ、一定の専門知識があることをクライアントに対してわかりやすく示すために、有益な資格もあります。
まず、経営について助言するタイプのコンサルタントであれば、中小企業診断士を取得することが有効です。

コンサルタントに関する唯一の国家資格といえ、この名称は中小企業診断士以外は名乗ることができません。
中小企業診断士であればそれだけで一定の信用を得ることができるのです。

次に、税務も含めて適切にコンサルタントできるのが税理士です。
税理士は中小企業との接点が多く、自然と中小企業のコンサルタントのポイントを身につけています。

ただ、専門の税務申告に特化している税理士もいますので、コンサルタントをするためには独自に学ぶことも必要となります。
さらに、法務手続きを中心としたコンサルタントをするために有益なものとして、行政書士が挙げられます。

企業の営利活動については行政の許認可を必要とするものが非常に多く、行政書士はこの許認可のスペシャリストです。
そのため行政書士は、あまり一般的には知られていない許認可の仕組みから様々な法務手続きまで、一括してコンサルタントをしてくれる専門家といえるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ