ソムリエとはワインを中心とする酒類の深い知識を有します

最近ワイン人気が高まり、気軽にワインを楽しむ人が増えている中、ソムリエという職業が気になるという人も多いのではないでしょうか。
そもそもソムリエとは、ワインを中心とする酒類の深い知識を有し、そのサービスを専門的に行う職業の人のことをいいます。
ソムリエの資格を取るためには、試験に合格しなければいけません。

しかし、これは誰にでも受けられる試験ではなく、年齢が20歳以上で、ワインやアルコール飲料を提供する職業に通算5年以上従事し、さらに現在も従事し続けていることが条件となっています。

試験は2次試験まであり、1次試験は筆記試験で、ワインを含む飲料の知識だけなく公衆衛生の知識なども問われます。
そして、1次試験に合格した人は2次試験として実技試験を受けることができます。

具体的には、ワイン3種類とその他のアルコール1種類を使った利き酒(デギュスタシオンと言われます)とサービス実技を審査されるのです。

サービス実技とは、パニエと言われる専用のバスケットに入れたままワインの栓を抜くことや、デキャンタージュなどがあります。
このあたりの技術は、試験当日はとても緊張するので、普段から厳しくトレーニングしていないと難しいようです。

このように、ソムリエ試験は決して易しい資格ではありませんが、飲食業に従事する人にとっては合格したい試験でもあるでしょう。
受験を考えている方は、充分な対策と準備を怠らないことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ