最も身近な法律資格者としての行政書士

行政書士は許認可手続きを代理する法律手続きの専門家です。
年に1回実施される国家資格試験に合格して登録すると、許認可を中心とした法律手続きの仕事をすることが出来ます。
行政書士資格は、街の方々にとって最も身近な法律家として活躍できる職業です。

例えば、建設業を営まれる方が500万円以上の工事を受注するためには、知事や国土交通大臣の許可が必要となりますが、この建設業許可は大変複雑な申請となり、申請書と裏付け資料で50枚以上の書類を用意する場合もあります。

建設業を営む方にとって、日々の工事工程、経理などをこなしながら、さらに法律手続きをすることは大変煩わしいものとなり、場合によっては工事に支障をきたすこともあり得ます。

このような際に許可書類を作成し、裏付け資料を用意して、許可申請を代理するのが行政書士の仕事です。
大工や鳶、内装、石工、水道管、電気工事、畳屋など街で見かける多くの事業が建設業に含まれます。
このような方々の活動を広くサポートする職業でもあるのです。

他にも、不動産業やパチンコやゲームセンターなどの風俗営業、タクシーやバスなどの運輸業など、街で見かける事業所や店舗の多くに許認可が関係しています。

これら多くの方々と接する最も身近な法律家が行政書士なのです。
また、この資格を取得するためには、早ければ1年程度の勉強で可能で、専門予備校を利用すれば無駄なく効率的に学習ができるのでお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ