幼稚園の先生になるため必要な資格

幼稚園の先生になるためには、幼稚園教諭免許状という資格が必要になります。
学校教育法に、園児の発育に於いて、園児の教育のほか、園内の安全、園児の健康面などはもちろんの事、何かあった際の保護などの管理も重要な仕事となり、幼稚園普通免許状を有していなければならないという旨が記載されているためです。

当資格には主に3つの種類があります。
まず1種免許状は、当該教諭養課程のある4年制大学を卒業すると取得可能です。

2種免許状は、短期大学もしくは、文部科学大臣の指定する専門学校などの養成機関で修了すると得られ、また、通信教育で取得する事もできます。

最後に、専修免許状は、4年制大学を卒業後、大学院修士課程専攻科などで取得する事が可能ですが、条件にあう4年制大学の数が少ないため、2種免許状を取得される方が多くなっているそうです。

また、教員職員検定を受け、合格する事でさらに上の免許状を取得する事が出来ます。
しかし、先生になるためには、資格だけでなく資質も必要な物であり非常に大きな要素でもあります。

それは、子どもが好きという事です。
単に子ども好きと言うだけでは先生にはなれません。

おとなしい子、優しい子、いじわるな子、ケンカばかりする子、多種多様な性格を持つ子どもたちに対して、各自の個性を理解すると共に成長させてゆく立場だからです。
そして、先生自身には心身ともに健康さも必要です。

先生同士の連携も大切になるため、協調性も求められます。
苦労もあるかとは思いますが、子どもたちの笑顔にたくさん元気を貰える仕事です。
自分の夢を叶えるため、まずは資格取得に向けて頑張りましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ