企業の中の経理分野で、取得していることが望ましい資格に簿記があります

職場で必要だから、就職や昇進に有利になるからなど、様々な理由で資格を取得する方が多いようです。
職種によっては、個人のスキルの判断に使うために、募集の際に資格取得者であることを条件にしているところもあり、専門分野で働きたい希望がある場合には、あらかじめ取得していることが望ましいケースも見られます。

様々な職種がある中で、企業の中で欠かすことのできない経理という分野でも、スキルを図るために取得していることが望ましい資格があります。

現金、預金管理や決算、納税など、お金の管理が主な仕事で正確性と数字への強さが必要になる部署が経理です。
そこで必要な資格はいろいろありますが、一番スタンダードなものとして、簿記が挙げられます。

簿記は、日々の経営活動を記録したり計算をして帳簿をつけるために必要な記帳方法などのスキルを図ります。
また、古くから人気のある資格で、4級から1級まであり、4級は入門編のようなもので、小規模な商店を経営していくために便利になります。

1級になると専門的な上位の知識が必要になり、税理士や公認会計士などを取得するために必要なものとなってきます。
企業の中で務めていくためには2級、3級の取得を目指すと良いでしょう。

3級は商業簿記が科目となっており、経理関係書類の読み取りができるので、取引先の経営状況を的確に判断できるようになります。
そして2級は、商業簿記に加え工業簿記が科目に加わり、企業の経営状況の把握に役立つのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ