資格を取得して美容をきわめよう

世の中にはたくさんの国家資格がありますが、美容や理容に関するものならば比較的取得しやすいといえます。
まず筆頭が美容師や理容師資格です。
この2つは混同しがちですが、お互いに不可侵の部分が多数あり、例えば、理容の方でのみ顔そりの刃物利用が許可されています。
それでは、免許取得のための流れを見ていきます。

まず、各都道府県に少なくとも1件は置かれている訓練機関に、昼間と夜間と通信の中から選択して入校し、2年から3年の間技術と知識の習得に努めます。

その後、学科と実技の試験に合格して初めて、国から許可を与えられるのです。
サロンへ行って色々な施術をしてもらいますが、これに従事する従業員はみなこの試験に合格しています。

パーマやヘアカラーに使用する薬剤は、この免許を持って初めて施術が許可されるのです。
しかし、資格を取得したからといっても、これで終わりではありません。

多くの方が数年勤務したのち、独立して自分のサロンを持つことになります。
その際に必要なのが管理資格です。
一定の期間が過ぎたのち、都道府県が指定する講習を受け、試験に合格すれば晴れて取得となります。

サロンの管理者として、スタッフを2名以上常時雇用する場合などに必要な資格なのです。
最初に比較的簡単と書きましたが、業務を続ける以上は常に勉強と思って間違いありません。

日々変化する流行を意識しつつ、技術を磨いてさらなる向上を目指す志を持ち続ける方は、必ず周りから支えられ助けられます。
自分の頑張りがそのまま利益となってかえってきてくれる非常にやりがいのある仕事なのです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ