情報セキュリティスペシャリストの資格を取ろう

情報セキュリティスペシャリストは、セキュリティ技術の専門家として業務を行えるようになる国家資格です。
情報社会が到来し、内容も複雑化するなかで、情報流出という事故も多発していますが、情報システムの安全性を確保する上で、この資格はとても重宝されます。

情報セキュリティスペシャリスト試験の難易度は高く、合格率は20パーセントを切っているのが現状です。
しかし、独学でも合格が可能な試験ですので、予備校や専門学校も併用しつつ、時間をうまく使いながら勉強しましょう。

就職に関しては、元々人手不足気味のIT企業において重宝されますが、実務経験がない人には少し厳しいものです。
IT業界では実務経験が重視されがちですので、システム開発の現場などで、ある程度セキュリティ関連の知識を持っておくといいでしょう。

就職先はもちろんIT企業がほとんどですが、他にもカード関係など、情報を多く取り扱う会社でも必要とされています。
収入は会社によって様々ですが、取得の難しい資格であることから手当てや一時金が出るところが多いようです。

情報システムの安全性は、多くの企業が抱えるとても重要な課題になっています。
情報セキュリティの専門家としての知識や技能をしっかり身につければ、就職や転職に必ず役に立つことでしょう。

何も知識がない状態で合格を目指すならば、ITパスポートや基本情報処理技術者の試験を受けて、基礎を固めておくというのも一つの手です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ