高校生でも取れる資格には、英検や漢検、ホームヘルパーなどたくさんあります

早いうちから多くの資格を取得しておくと、将来就職活動をする時などにとても役に立ちます。
ここでは、高校生でも取れるような資格を紹介しましょう。
まず、一番有名なものといえば、英検や漢検、数検が挙げられます。
特に英語系の資格は取っておくと便利ですので、英検に限らずTOEICにも挑戦してみると良いでしょう。

情報処理や簿記、ワープロなどは、ところによっては高校単位で受けさせるような場合もあるので、十分取得が可能です。
また、危険物取扱者や気象予報士などは、小学生の合格者も出ているぐらいですので、高校生でも十分合格の可能性はあります。

それから、今の時代ではパソコンに関連したものを取っておいて損はありません。
例として挙げますと、システムアドミニストレータやパソコン検定、インターネット検定などです。
コンピュータを使用している会社はとても多いので、必ず役立つことでしょう。

ほかにも、宅地建物取引主任者やホームヘルパーなど、高校生のうちに取れるものは実にたくさんありますが、もちろん、中にはとても難易度が高いものもあります。

そんなたくさんある中からどれを取ろうか迷った時は、自分が将来進みたいと思う道や就きたいと思う仕事に関連したものを選ぶことをお勧めします。

もし早いうちに取得できれば、それは夢の実現の手助けになりますし、もし取得できなかったとしても何度も挑戦できます。
それまで学んできた知識は必ず将来役に立つはずです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ