コーチングの資格の種類について

コーチングの資格の中で最も代表的なのは、財団法人生涯学習開発財団が主催している財団法人生涯学習開発財団認定コーチという資格です。
これは、1999年に創設されたもので、これまでに3000人以上が認定コーチのステータスを取得しています。

認定コーチは財団法人生涯学習開発財団が主催しているものの中では最も初歩的なもので、その上位資格には、認定プロフェッショナルコーチ、および認定マスターコーチというものがあります。

認定コーチは上述の通り初級者向けであり、マネージャー業務やコーチ業務のサポートを行いたいという人が多く受験するものです。

受験するためには、CTPと呼ばれる専門研修を1個以上履修していること、過去にコーチをした事があるクライアントが5人以上いること、コーチングを受けたことがあること、という3つの条件を満たしている必要があります。

そして、認定プロフェッショナルコーチは中級者向けであり、企業の人事担当者やコーチング研修を担当する人が多く受験しています。
こちらも受験には条件があり、認定コーチであること、CTPの全過程から20過程を履修していること、過去にコーチをしたクライアントが20人以上いることなどの条件を満たしている必要があります。

最後に認定マスターコーチについてですが、これは上級者向けであり、コーチ業をビジネスの一環として活躍する講師の人が多く受験しています。

受験するための条件には、認定プロフェッショナルコーチであること、CTPの全過程から31過程を履修していること、過去にコーチをしたクライアントが50人以上いることなどの条件を満たしている必要があります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ