身体を動かす仕事をしたい人に役立つ、トレーナーの資格や仕事

身体を動かす仕事にもいろいろありますが、そのなかでも特に役立つ資格や仕事をご紹介します。
一つ目は、アスレティックトレーナーです。
スポーツ選手の体調管理やコンディション管理に欠かせない存在であり、マッサージを行ったり、トレーニングの計画を決定したり、また、怪我の治療など、とても幅広い仕事をします。

アスレチックトレーナーになるには、日本体育協会が実施する講習会を受講したのち、試験に合格することで認定されます。
また、大学や専門学校でも認定を受けることができます。

そして二つ目は、フィットネストレーナーです。
適切な運動指導や、目的に合わせた運動プログラムの開発を行います。

こちらは指導対象がアスリートではなく、一般の幅広い年齢層の人々に指導を行うもので、この仕事に就くのに資格は必要ありませんが、スポーツプログラマーやトレーニング指導士などの資格があると大変有利となります。

健康指導を行う知識とスキルが当然必要になりますが、具体的に言えば、運動や健康、栄養に関する知識のほか、基本的なトレーニング理論やコーチングスキル、インストラクションスキルなどが挙げられます。

最近は個人客と契約を結び、運動メニューの作成や指導を行うパーソナルトレーナーとして活躍する人も増えていますが、顧客を維持するためにもコミュニケーションスキルが必要になります。

健康や運動全般に興味がある人はもちろん、人と接するのが好きな人にも向いてる職業といえるでしょう。
他にも、主に健康的な身体づくりを目的とした健康運動指導士という資格もあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ