業務独占資格からみる転職の際に有利と思われることについて

ある行為を行うために必要であったり、その行為に相応しいとされる地位や立場であることを資格と呼びます。
組織や個人の言動に伴う責任能力や説得力を正す場合などに、慣用句として用いられる場合もありますが、社会制度上の意味でこの概念が用いられる場合もあります。

法律に基づき国が実施する試験などで、行政が個人の知識や技能が一定以上の段階に達していることを確認し、その行為を行うことを許可する国家資格というものが存在します。

その中でも、業務独占資格というそれを有する者でなければ行うことができないという法令の定めがある業務があります。

公認会計士、税理士、弁護士、医師、行政書士、美容師などがそれで、その種類は多いです。
こういった職種に就こうと考える場合、資格の保有は有利かどうか以前に必須です。

ですが、転職時に保有していると有利になるとされるものの中にも、宅地建物取引主任者、一級建築士、薬剤師など業務独占資格は並びます。

もちろん、ITや通信といった技術系、クリエイティブ系、事務系アシスタントなど、転職時に実務経験があることが有利になる職種も多くあります。
企業が求職者に求める資格は、基礎理解を示すものと、業務遂行上必要なものの2種類であるとされます。

資格保有が有利となり、応募できる求人が大幅に増えるといくことはないようですが、公認会計士のように求職者が少ないため求人倍率が高くなる職種も存在します。

転職には、転職先探しを有利にするために、自身を良く知り、必要な技量を身に付けることと、入社後過酷な状況を乗り越える力を持つことも重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ