食品に関する資格には国家資格や免許や民間のものなどがあります

日本の食品に関する資格には、国家資格や免許や民間のものなどがあります。
調理師は、食物の調理技術の効率的な発達を試みて、国民の食生活の発展を基本政策とするための日本特有の国家資格です。
調理師でないものが調理師と言うと、罰金30万円以下の刑を受ける事になります。

調理師試験の試験科目は食文化に関わることや栄養学、衛生法規、衛生学など7科目です。
調理師免許証は調理師試験に合格し登録されると交付されます。
発効は都道府県の調理師名簿に記載されてからです。

調理師または栄養士、管理栄養士等があれば、都道府県の条例のもと養成講習を受けずに食品衛生責任者となることができます。
営業している飲食店は、地方自治体の食品営業許可を取得しなければならず、責任者が必ず一人は必要とされています。

安全と安心については日本中の関心が大きいので、猛毒のあるフグを料理する場合にはふぐ調理師免許が、食堂施設が設置されている船舶では船舶料理士免許が必要であり区別されています。

情報の宝の山である食品表示は、正しい判断で表示することが大切です。
食物関連会社に所属している方にお勧めなのが食品表示検定です。

初級から上級までありますが、初級は表示の基礎知識を得て仕事に活かせ、中級は表示に関して適格に判断でき、顧客からの問い合わせにも的確に返答できます。

上級は専門家として業務に活かせ、食品表示について作成も指導もでき、免許等を有することで仕事や失職に対しての不安も解消できます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ