生命保険資格は販売には必ず必要です

生命保険には、生命保険協会が主催する保険資格があります。
その内容は、「一般課程試験」、「専門課程試験」、「変額保険販売資格試験」、「応用課程試験」、「大学課程試験」などの業界共通の試験がありますが、生保協会協会の資格は、所属している会社だけで通用するものなので、ほかの生保代理店へ転職すると、ふたたび受験しなければならなくなります。

この中の一般課程試験は、生保会社だけでなく、生命保険を扱う金融機関に勤務する場合や、生保代理店などの社員が保険の募集に関わる場合に登録するための試験です。

一般課程試験、専門課程試験、応用課程試験、大学課程試験と進むにしたがって、難易度は高くなっていきます。
専門課程試験に合格すると、「ライフコンサルタント」という資格が与えられます。

さらに、「応用課程試験」に合格すると「SLC」、「大学課程試験」に合格すると「トータルライフコンサルタント」の資格が与えられることになります。

「変額保険販売資格試験」を受験する場合は一定の条件が必要になりますが、この資格に合格すると、変額保険販売が可能となります。

このように、段階的に資格を修得するシステムになっていますが、上級の資格を修得しているからといって、必ずしも的確なプランニング能力があるかどうかはまた別問題です。

常にいろいろな商品が増えてきているので、より営業にも難易度が求められますが、これらの資格を活かして経験を積むことが重要だと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ