資格の難易度を知り自分に合うものを見つけましょう

資格取得を検討する理由は、キャリアップや転職など様々だと思います。
公的なものから民間のものに至るまで、資格は3000種類はあるとされているので、その中から自分に合うものを選ぶのは大変でしょう。
選び方は様々ですが、有効性や報酬面への影響、そして、何より自分の目的を達成できるのかを検討して決める必要があります。

まず、効果が確実と言う意味では、国家資格から入るやり方がお勧めです。
資格そのものの価値として、民間や公的なものより上になる事が多く、企業も確実にポイントとしてみてくれます。

また、検討要素のひとつに難易度があります。
社会人の場合、会社の業務と平行して学習する必要があり、難しいものだと取得自体が非現実的となるので、じっくり考えましょう。

難易度が高い国家資格は、就職や起業にとても有利となり、高収入を目指す方にはお勧めの資格です。
法務系の資格が多く、司法書士や公認会計士などがあります。

難易度が中のものは実用性や需要が高く、行政書士、社会保険労務士、管理栄養士などがあり、難易度が低いものは、国家資格の中で比較的合格しやすく、介護福祉士などがあり、短期間しか勉強ができない方や忙しい方にもお勧めです。

試験はマークシート形式が多く、暗記が苦手な方でも挑戦しやすいでしょう。
しかし、資格の難易度と実用性は比例するとは言えません。

難しいから必ず大きなプラスになるわけではなく、逆に簡単な資格でメリットがあるものも少なくありません。
もっとも大切なのは、自分に合ったものや、やりたい職業に繋がるものを見つけることです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ