仕事を効率的に進めるためにPC資格を取ろう

一時期は、専門的な人しか使うことなかったコンピューターですが、もはやどんな職種でも使えることが必須となっています。
最低限、キーボード入力とテンキー操作ができれば何とかなる場合が多いですが、場合によってはプログラミング的なこともやらされることもありますし、表計算ソフトや会計ソフトを使ったり、プレゼン用の資料をPCで作ることもあるはずです。

そういったことに備えて、PC資格を取ることをお勧めします。
結構な数があるので、自分の仕事に役に立ちそうなものから取得していくのが最も無難です。

国家試験と民間試験とがありますが、ITを仕事としていないのであれば、基本的に使うのは表計算ソフトなどでしょうから、この民間のものを取るのがいいでしょう。

それをある程度取得したら、スキルアップや知識の増強という意味で、国家試験に挑んでみてもいいかもしれません。
知識と言うものは、無駄になることはありません。

コンピューターについて詳しくなることは、今後の人生で大いに役に立つことでしょう。
ちょっとした不調やトラブルなどを解決できると非常に便利で、周りからも重宝されます。

国家試験はそれほどでもないのですが、民間資格は受験料が結構高いので、できれば一度で合格できるようしっかりと勉強しておきましょう。

何回も受けるのは時間とお金の無駄です。
今後、ますますPC能力は必要となっていくことが考えられますので、今のうちに能力を高めておくことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ