インストラクターにとっての資格について

工業技術やスポーツなどの分野で、様々な指導を行う立場の人間をインストラクターといいます。
多くの場合、指導者用の教育を受けることでインストラクターとしての資格を有することとなります。
スポーツクラブなどのインストラクター資格は、水泳は日本水泳連盟、エアロビクスは日本エアロビック連盟など、公認団体で取得できます。

また、指定のスクールで講座を受講し、取得できるものもあります。

情報機器の利用技術を指導する場合であれば、明確な指導者資格は必要ないようですが、インストラクターと認めても良いレベルと判断されて、スクールに雇用されやすくなるような資格はやはりあるようです。

ここまで、一般的なインストラクターについて話題に上げてきましたが、現在様々な分野に彼らは存在します。

パソコンの操作方法を実演し教える講師や、健康的な食生活のアドバイスや食品の選び方や調理に関する知識などを食育として正しく伝える食のスペシャリストなど、彼らも全てインストラクターと呼ばれています。

また、森林インストラクターというのもあり、森林を訪れる一般の人々に対し、森林を案内したり、キャンプやハイキングなど野外活動のための指導を行っています。

彼らには、森林の正しい知識や安全対策など幅広い知識が求められます。
これにも森林インストラクター資格というものが必要で、合格率が25%前後であり難易度の高い資格です。

インストラクターとは、受講者1人1人のサポート役と言えます。
資格の有無に関わらず、主役である受講者達に、より良く正しく指導できることが重要です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ