デザイン系の資格が注目され始めています

デザインという言葉をよく見聞きしますが、デザインの分野も幅広くあります。
服飾、ウェブ、DTP、CGなどで、ほかにも多岐に渡っています。
この分野では、製作物がそのままその人のスキルの証明とされる傾向にあるので、資格や検定には注目しません。

しかしこれらを受け、第三者の認定を受けていれば、より顧客に受け入れられ、認められやすくなる可能性は高いでしょう。
そして、これらの試験にクリアすることで、より自身のスキルアップも狙えることとなります。

数あるデザイン系の資格の中には国家検定として認められていないものもありますが、最近、国家検定として認められた資格があります。

それは、「ウェブデザイン技能検定」です。
この言葉は、最近では当たり前に聞きますが、国家検定とは認められていませんでした。

ウェブそのものがすっかり定着して、ウェブデザインという職業も当たり前になったことで、より完成度が高く、正確な作業を求められた結果なのでしょう。

その他にも、CGエンジニアやCGクリエイターも注目されています。

CGエンジニアの場合は、最近ますます映像技術が上がっているゲームや3DCGアニメなどに人気が集まり、これらを職業とするために取得しようと思う若者が増えつつあります。

また、写真などもカメラがデジタル化したことにより、DTPに関する資格が注目を浴びています。
このように、世の中の流れに乗るように変わってきているデザイン系の資格は、これからも増えていくことでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ