食の資格が最近、注目されるようになりました

最近、「食育」という言葉がよく聞かれるようになりましたが、その意味はご存知ですか。
食育とは、食事や材料のことにとどまらず、バランスよく物を食べるためのさまざまな知識を身につけることです。
また、品物の選び方や、ダイニングルーム、テーブル、器などの環境、それらを総合的に計画することや、文化を次世代に伝え、広い視野をもって学んだり、考えたりすることもあります。

そう言ったことが重視されるようなったためか、フード関係の資格というのも、最近は注目されるようになっています。

「調理師、栄養士、製菓衛生師(パティシエ)、パン、和菓子」などは、料理自体が好きな方やプロを目指す人、おもてなしが好きな方にお勧めの資格です。

また、趣味として学んでみたいのでしたら、「ソムリエ、ハーブ、コーヒー、紅茶」など、嗜好品に関するものなどもよいでしょう。
最近では、「フードコーディネーター」という言葉を耳にした人も多いかもしれません。

これは、フードビジネス全般に必要な知識が身につく勉強をしていきますので、フード関係の仕事に就いている方や、あるいは目指している方にはぴったりの資格です。

ほかには、「レストランプロデュース、テーブルコーディネート」に関するものも、仕事に結びつけることが出来、キャリアアップを図っている方にはよいでしょう。

何よりも、こうした知識を学ぶことで、教養や見識の幅を広げられることも大きなメリットだと言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ