証券外務員資格試験の目的とは

日本証券業協会の協会員となっている会社に所属する、金融商品などをお客様に勧誘または販売等の金融商品取引業務を担う社員を外務員といいます。
お客様である投資家を保護する目的から、外務員は金融商品に関する専門知識の習得や法令、そのほかの規則を遵守して、公正で健全な金融商品の取引を行うことが要請されます。

この要請に応えるため協会は、外務員の資質やその適確性を確保するために試験制度を設けて、その合格者に対して外務員資格を与えることにしています。

外務員資格を保有している社員は、それだけでは外務員としての活動を行うことはできず、金融庁に外務員登録をしなければなりません。

登録制度の目的は、法令違反等を犯した外務員の登録の取り消しなど欠格要件を定め、外務員として不適格であるとされた協会加盟会社の社員を排除することで、お客様の保護に資するように努めています。

外務員の資格には、主なものとして一種外務員と二種外務員があります。
これらの試験については、証券会社等の社員でなくても、誰でも受験することができます。

二種外務員は先物取引とオプション取引にかかる業務ができないほか、信用取引にかかる業務についても制限があるなど、取り扱いのできる商品と取引に制限が設けられています。

一種外務員は二種外務員が取り扱うことができる商品と取引に加え、先物取引、オプション取引、信用取引などについても取り扱うことができることになっています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ