プリザーブドフラワー資格を取得する様々な目的

最近よく見かけるプリザーブドフラワーのプリザーブドには、保存されたと言う意味があります。
このプリザーブドフラワーは、生花と変わらない美しさの上に、その美しさが数年間保たれると言う事で、現在とても人気のある商品となっています。

生花ですと毎日の水やりや様々なお手入れが必要となってしまいますが、このタイプの花は、それらのお手入れが不要の為、手軽に、そしていつも綺麗な状態のお花を楽しむ事が出来るので贈り物としても重宝されています。

プリザーブドフラワーは花や葉を特殊液の中に沈める事により、水分を抜いた素材を利用して作られています。
これらを作る為には様々な技術が必要となるのですが、専門の資格を取得する方も増えてきています。

この専門的な資格を取得する為の試験は、3月、7月、11月の年3回、全国各地で行われます。
試験ではプレゼンテーションを行い、自分自身の技術や発想力を確認する事が出来る、最後のレッスンでもある試験です。
この試験に合格すると、協会からディプロマ証が送られることとなります。

仕事としてプリザーブドフラワー資格を取得する方もいますが、自分自身の趣味として楽しみたいと言う方や、自分自身の結婚式で使用するブーケを自分の手で作りたいと言う方が取得される場合もあります。

プリザーブドフラワーをはじめ、花には人の心を癒す力があるものです。
花に触れる事で、疲れた心身ともに癒してくれるのかもしれません。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:資格について

このページの先頭へ